スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


笑いが分かる男・モリミチ タカギ

関西人でもない嫁。

笑いにうるさいわけでもないけどな
ベタな笑いは、ちょっと嫌らしい。

ほんで、自分ではダジャレ的なヤツを言うくせに
人が言うオヤジギャグは、嫌らしい。

そのくせ、好きな芸人は高田純次というから
よー分からん。


そんな嫁が、
「高木先生は、笑いが分かる男だね!」
と絶賛してた。

なんや!笑いが分かる男って。
違いの分かる男なら知ってるけどな。。



得意の脱線してしまったわ。。。

笑いが分かる男・モリミチ タカギ。

その理由なんやが
笑いの起承転結がしっかりしてるらしいわ。

こっから先は、嫁・作の『高木劇場』や。
一応、ノンフィクション。

題:「波乱万丈、秋季キャンプ」
主演:高木守道・中日ドラゴンズ監督


『起』
緊縮財政の中、7年ぶりの秋季キャンプ!
若手の精鋭を集めて、やる気満々。


『承』
やはり緊縮財政のしわ寄せか・・・
昼食は、油ものぎっしりの弁当一つのみ。
しかし、ここは監督の「汁もんが欲しい」の一声で、改善。
70過ぎても、野球人としての衰えは知らず。
選手らとともに汗を流す、充実した日々。

『転』
鬼の日々も終わりが近づく。
もちろん、「MVP」は
この暑い中、話題を振りまき続けた自分(←高木監督)。
同じく汗を流し、監督に付き合った(?)選手らは「0点」という激辛採点。

自ら手塩にかけ、みっちり育てた若竜たちの成長を
一刻も早く、皆に見せたい!!
名古屋陣は難色を示したが、ごり押しで
何とか異例の紅白戦をする事になった。

『結』
いよいよ待ちに待った紅白戦。
「さ!皆のもの!オレの指導力をこの目に焼き付けろ!」
そういう意気込みさえ感じるこの大事な一戦。

しかし
バットを振り込んだにも関わらず、ここ一番で、あと1本が出ない。

結果は、、、、2-7の惨敗。



・・・・・・・劇団タカギ・・・ようやく 終。



ホンマや。。。
こう見ると、もう、新喜劇やでっっ!
ホンマ、2週間も使って、壮大なコントか・・・



監督が、高木になって
「中日が変わった!」と嫁はよう言うわ。

そやけど、それは、強くなったとか、そんなんちゃう。


マスコミにネタを提供するようになった!


ってことや。

ファンとして、複雑な心境や。
今までは全国紙では、横浜よりも記事はちっちゃかったからな。。


拝啓、高木監督

来シーズンは、監督の語録ネタは結構です。
強くなった中日ドラゴンズで、
どうか紙面をにぎわして欲しいです。。。


いつも応援クリック、ありがとうございます。
本日も・・・できればお願いします。
     ↓             ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ




嫁「でもさ、監督が目立つチームって、ダメだよ。
  DeNAもだけどさ。」

心にグサッと来る一言や。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mirisoyu2010.blog103.fc2.com/tb.php/239-bb163149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。